ランニング

【現役ランナーが厳選】 陸上・駅伝の小説3選!

読んだら今すぐ駆け出したくなる!
陸上・駅伝を題材にしたおすすめ小説を厳選して3つ紹介していきます。
どの作品も風を切って走る爽やかさと臨場感を味わえる、陸上・駅伝ファンは必見の1冊となっています。

①風が強く吹いている

実写映画化もされた三浦しをんの箱根駅伝を舞台にしたヒット小説。
主人公の灰二(ハイジ)と走(カケル)をはじめ、メンバー全員が個性的で応援したくなる感動作。

寛政大学の寮である青竹荘、通称「アオタケ」に高校時代にトップランナーだったた蔵原走が入ってくることでストーリーが動き始める。
アオタケにはタバコ好きの「ニコチン先輩」や漫画オタクの「王子」など個性豊かなメンバーが併せて10人。
寮長である灰二の一声で箱根駅伝を目指す住人達。実は知らず知らずのうちに寮生活の食習慣や運動で基本的な体力が鍛えられてきていたのだ。
全くの素人が箱根駅伝を目指す?メンバーは補欠なしの10人のみ。そんな無茶な壁を1人の脱落することなく達成できるのか。
一度読みだすと止まらなくなる、駆け出したくなる青春が詰まった駅伝ファンは必見の1冊です。

 

②一瞬の風になれ

「一瞬の風になれ」は、陸上競技のスプリント(短距離走)と4×100mリレー(4継)をメインに描かれたスポーツ青春小説です。
2007年に本屋大賞を受賞し、2008年2月からフジテレビ系列でドラマ化され、マンガ化までされている人気作品です。
陸上競技は初心者の主人公の「神谷新二」が、幼なじみの天才スプリンターである「一ノ瀬連」と切磋琢磨して最速スプリンターを目指していくお話です。
主人公の新二は陸上競技を通して様々な人たちと関わり人間としても大きく成長して行く様子が描かれています。
この作品を読んでいると、あたかも自分自身がスプリンターとして100mを疾走しながら、トップスプリンターが見ている景色や風を感じられるような臨場感のある描写となっています。
陸上競技をやったことがなくてもその世界に引き込まれて行くこと間違いなしの1冊となっています。

 

③奈緒子

「奈緒子」は、走りの才能を持った主人公の「壱岐雄介」が、陸上競技、特に「駅伝」を通して人として成長する姿を描いた作品です。
長距離走や駅伝の辛く厳しく練習を通して創られる、仲間との友情や絆に共感出来る一冊です。

長距離の練習は決して楽なものではなく、その厳しさや仲間とのメンバー争いなどリアリティを非常に大切に描かれており、陸上経験者でも納得の一冊に仕上がっています。

圧倒的エースの存在に時には揉めながらも、最終的にチームが1つになっていく姿は読んでいて引き込まれて行きます。
また、主人公の壱岐雄介の疾走シーンは一気に読んでしまうこと間違いなしです。
駅伝ファンの方には是非読んで頂きたい1冊です。

 

<まとめ>

今回は陸上・駅伝に関する小説3選を紹介しました。
どの小説も読んだら今すぐ走りだしたくなるような1冊になっています。
市民ランナーの方や陸上好きの方には特におすすめしたい1冊となっていますので、この機会に読んでみてはいかがでしょうか。

-ランニング

© 2020 Moddyyy