ランニング

【ランナー必見】ランニング後におすすめのプロテイン7選!

プロテインについて

現役のアスリートの多くは普段からプロテインを愛用しており、最近では市民ランナーの方々にも浸透していきています。
なぜプロテインを摂取したほうがいいのか?という疑問について簡単に説明していきます。

プロテインの成分とは

まず、プロテイン自体についてあまり詳しくない方のために、プロテインの成分について説明して行きます。
プロテインの成分は大きく分けて以下のに分けられます。

プロテイン中の成分

  1. たんぱく質
  2. 各種ビタミン
  3. ミネラル(鉄・カルシウム等)
  4. エネルギー源(有無に分かれます)
  5. プラスαの機能材

 

プロテインの主成分はたんぱく質で、その他にも体に必要なビタミン、運動で失われやすいミネラルなどが配合されています。

たんぱく質にも大豆などから生成されるソイプロテイン(植物性)と、牛乳などから生成されるホエイプロテイン(動物性)に分かれます。
植物性のプロテインの方が吸収が穏やかであり、動物性の方が吸収が早く吸収効率が高いという違いがあります。
そのため一般的に筋力UPを目指した筋トレなどの場合には動物性のたんぱく質を摂取した方が筋肉が付きやすくいいとされています。
ただし、長距離ランナーにおいては筋力UPすることが必ずしも有効ではないため、植物性・動物性のどちらも同じ練習効果UPに有効です。

なぜプロテイン摂取の必要があるか

次になぜプロテインの摂取が練習効果UPにつながるのかをご説明します。
私達がランニングの練習をした後では、脚の筋繊維が収縮を繰り返し、傷ついた状態や熱を持った状態になっています。
その傷ついた筋線維を元通りに修復するときに、練習前の状態よりも少しだけ筋線維が強く修復されていくため、練習によりパフォーマンスが向上して行きます。
この現象が一般的に「超回復」などと呼ばれています。
(*パフォーマンスがUPするためにはその他にも毛細血管の発達やミトコンドリアの量が増えるなど様々な要因の組合せのため上記の理由のみではありません)
このときに、筋線維の修復に用いられるのが「たんぱく質」です。
そのため、一般的に練習後30分以内に良質なたんぱく質を摂取することで練習後の超回復を促すことで、練習の効率を高めることが出来ます。

すなわち、練習後の回復を促して、より強い筋肉にするためにプロテインを摂取した方が有利ということです。

プロテインを摂取するために

プロテインを摂取するためには専用のシェーカーを使用するのがおすすめです。
容器にメモリが付いているので、配合量が調整しやすいです。

おすすめプロテイン7選

ZAVAS

まず始めに紹介するのが、日本の大手食品メーカーの明治が出している「ZAVAS」です。
明治の商品ということもあり、味・品質・栄養のバランスの3拍子が揃っています。
使用する用途に合わせて、①:PRO、②:ATHLETE、③:BODY MAKE、④:BODY SHAPE、これらの4種類が用意されています。

①:PRO用 ZAVAS

従来のプロテインよりも高たんぱく質が配合されており、体を酷使しているアスリート向けのアイテムになっています。
PRO仕様の中でも、ランナーの方におすすめなのが「プロ リカバリー プロテイン」です。
トレーニングで酷使した体に欠かせない、高たんぱく質+炭水化物(マルトデキストリン)を配合しており、その他にもクエン酸や8種類のビタミンがバランス良く配合されています。

②:ATHLETE用 ZAVAS

トレーニングで体を消耗するアスリート向けのアイテムです。
ATLETE仕様の中でも、ランナーの方におすすめなのが「ザバス エンデュランス」です。
こちらも、体の消耗を考慮したんぱく質に加えて炭水化物(マルトデキストリン)を配合しています。
この他に11種のビタミンやランナーが陥りがちな貧血予防になる鉄分などを配合しています。

③:シェイプ&ビューティー用 ZAVAS

運動で体を綺麗に引き締めたい方におすすめのプロテイン。
特に女性におすすめのアイテムであり、たんぱく質の他にコラーゲンも配合されており、美容にも効果があるのが嬉しいポイントです。
その他運動で失われやすい鉄分やマグネシウムなどのミネラルも配合されている。

DNS

次に紹介するのが、株式会社DNSが提供しているプロテインです。
こちらも先ほどのZAVSと同じく非常にメジャーなプロテインで多くのスポーツショップで見かけると思います。
DNSの味の特徴としては、ZAVASに比べて甘い味になっており、ミルクに溶かして飲むことでまるで「シェイク」のような味になります。
そのため、甘いものが好きな方にとってはおすすめです。

④:プロテインホエイ100

DNSにも多くの種類が用意されていますが、まずはこのベーシックモデルをおすすめします。
こちらにも良質なたんぱく質が多く配合されています。
ZAVASがソイプロテイン(大豆由来のたんぱく質)だったのに対して、DNSではホエイプロテイン(牛乳由来のたんぱく質)を使用しております。
ホエイプロテインの方が吸収効率が高く、筋肉をつけたい方には向いています。

⑤ホエイプロテイン G+

こちらはホエイたんぱくに加えて、グルタミン酸を配合しているのが特徴。
トレーニングを行うと筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとするが、それを防止してくれるのが「グルタミン酸」である。
そのため、トレーニングの効果を高めることができる。

また、グルタミン酸はグリコーゲンの回復にも効果的な栄養素である。
グリコーゲンが枯渇するとランニングに必要なエネルギーが失われてしまうため、それを予防するのにも有効です。

 

Power Productionシリーズ

こちらは株式会社グリコより出されている持久力を高めたい方向けのプロテインになります。

⑥:エキストラ オキシドライブ ホエイプロテイン

こちらの最大の特徴が持久力向上のために、筋持久力の向上に加えて呼吸持久力の向上にも着目したプロテインになります。
酸素の運搬能力を高めるためにパプリカの色素由来のパプリカキサントフィルを1回30g当たり9mg配合しています。
また、パプリカキサントフィルの吸収力を高めるためにビタミンCを加えて配合しております。
たんぱく質としてもホエイプロテインが配合されており筋持久力も併せて高めることが可能です。

グレープフルーツ味ですっきりした飲み口のため走った直後でも飲みやすいです。

⑦:ホエイプロテイン

こちらは筋力強化に特化させるために、極限までたんぱく質含有量にこだわったプロテインです。
たんぱく質含有量は驚異の95%となっています。また、糖質を削減しており高たんぱく低糖質のため、体を絞りながらの筋力UPにもおすすめです。


<まとめ>

今回はおすすめのプロテイン7選を紹介しました。
普段の練習の後にプロテインの摂取を心がけるだけで練習効率をUPさせてトレーニングすることが出来ます。
是非、トレーニングに組み込みながら楽しいランニングライフを送って下さい。

-ランニング

© 2020 Moddyyy