観光

【半日でも楽しめる】おすすめの鎌倉観光モデルコースを紹介

歴史を感じる寺院や街並みが広がり、多くの観光客で賑わう「鎌倉」は、都会からのアクセスも良く人気の観光スポットです。
そんな鎌倉を半日で楽しむのにおすすめの観光コースを紹介していきます。

 

鶴岡八幡宮

日本三代八幡宮の一つとされ、常に多くの観光客で賑わっている鎌倉の中でも人気の観光スポットです。
1,180年に創建され「勝負運・仕事運・安産・縁結び」などのご利益があるとされており、パワースポットとしても人気があります。
鎌倉時代の「鎌倉の守り神」、「武士の守り神」として、精神の拠り所になっていたのが鶴岡八幡宮です。

境内には本殿の他にも見所が多く、写真にも載っている大石段や、源頼朝が作らせたとされる源平池など、細かく回っていると時間を多く使ってしまうためあらかじめHPで見たい場所を決めておくようにしましょう。

 

この他に鶴岡八幡宮で有名なのが鳩みくじです。
1回200円で引く事ができ、かわいい鳩のお守りが入っています。

こちらのみくじの面白い点として、通常の御神籤には入っていないであろう大凶が入っています。
また、凶もしくは大凶が出た場合には、専用の「凶みくじ納め箱」が設置されており、そちらに納めることで凶が「強」となり強運を得る事ができると言われています。

凶の方が当たりに感じられる面白いおみくじとなっているので、訪れた際には運試ししてみるのがおすすめです。

<基本情報>
営業時間:JR横須賀線

料金:参拝は無料
公式HP:鶴岡八幡宮公式HP

 

 

小町通りでランチ・食べ歩き

JR鎌倉駅を降りてすぐにある小町通りでお昼を頂きましょう。
鎌倉は美味しい海鮮が名物です。その中でも新鮮なしらす丼が特におすすめです。

秋本

鎌倉のしらすの名店と言えば「秋本」です。
平日でも並んでいる時があるほど人気のある名店です。

朝どれの新鮮なしらすのほか、鎌倉の地場の野菜を頂く事ができます。
落ち着いた店内の雰囲気でゆったりと味わう事ができます。
JR鎌倉駅からも近くアクセスも抜群です。

 

<基本情報>
営業時間(昼):11:00~15:30
営業時間(夜):17:00~21:00
定休日:木曜日

公式HP:秋本公式HP

 

 

 

鎌倉釜飯かまかま

この記事では「鎌倉釜飯かまかま」を紹介します。
その日に取れたての美味しいしらすを使った釜飯をいただくことができます。

小町通りと市場前の2ヶ所にあり、市場前店の方が小町通り店に比べて混雑が少なめです。
それでも、土日・祝日には非常に並ぶため、時間には余裕を持っていくようにしましょう。

 

<基本情報>
営業時間(平日):11:00~17:00
営業時間(土日):11:00~21:00
定休日:水曜日

公式HP:かまかま公式HP

 

 

 

報国寺

報国寺は、1334年(建武元年)に創建された、臨済宗建長寺派の寺院です。
竹林の中で心を穏やかに落ち着けたり、お抹茶を頂来ながらゆったりと休憩をすることができます。

JR鎌倉駅から歩いて30分ほどのところにあるので、歩いてでも向かう事ができます。

 

 

銭洗弁財天

銭洗弁財天はお金を洗うと何倍にもなる「銭洗水」が湧いていると言い伝えられている神社です。
実際に神社内でお金を洗うことができ、金運UPのご利益があるとされています。
ただ、土日や祝日にもなると非常に並ぶことがあるので、時間に余裕を持っていくのがおすすめです。

この他に、水に浮かべることで浮かび上がってくる水みくじも銭洗弁天の名物の一つです。

アクセスも良くJR鎌倉駅から徒歩20分で行く事ができ、鎌倉観光コースの1箇所としてお勧めです。

 

 

 

鎌倉へのアクセス方法

鎌倉へのアクセスは電車で向かうのがおすすめです。
電車を使えば東京から1時間以内で乗り換えなしで向かう事ができます。
観光スポットも徒歩圏内にあるので、電車で鎌倉駅まで向かってから、好みの観光スポットを順番に回っていくのがおすすめです。

 

<アクセス情報>
交通手段:JR横須賀線

所用時間:東京から56分、横浜から24分
料金:東京から940円、横浜から350円

 

まとめ

今回は鎌倉を半日で楽しめるコースを紹介しました。
都心からのアクセスも良く、ふらっと立ち寄っても楽しむ事ができる観光地です。
気になった方は気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

-観光

© 2023 Moddyyy