旅行・グルメ

【江ノ島電鉄で行く】鎌倉 長谷寺で子宝祈願

日本有数の観光名所として知られる「鎌倉
湘南の海と緑豊かな山々が広がり、歴史を感じられる街並みが広がります。
鎌倉観光の中でも子宝祈願・安産祈願でも知られる「長谷寺」について紹介していきます。

長谷寺とは

長谷寺の外観

子授かりの神社として有名な「長谷寺」、木々や池が綺麗に整備されています。
初夏にはあじさいが咲き誇り、秋にはもみじの紅葉が楽しめるます。
その他にも花菖蒲、梅、桜、牡丹、藤、ツツジなどの花が咲き誇り、1年を通して様々な景色を楽しめます。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

初夏には木々の緑と苔むしている様子の、美しい緑のコントラストを楽しむことが出来ます。
また、多くの仏像が並ぶ様は圧巻です。

境内の眺望散策路には鎌倉の街並みやオーシャンビューを一望できる眺望の良い場所があります。
初夏には40種類、2,500本のアジサイが咲き誇り、紅葉の季節にはライトアップの演出もあるなど景観を楽しめるよう考慮されています。

<由緒>
寺伝によると、天平8年(736年)に徳道が藤原房前に呼び寄せられ、十一面観音像を本尊として開山したとされています。
本尊の十一面観音菩薩は国内最大級で、「長谷観音」と呼ばれて親しまれています。

<書院(写経)>

写経会場

写経会場の様子

書院(写経会場)の前には本格的な枯山水が広がります。
写経は予約/準備なしで体験することが出来ます。

1,200円を納めることで筆ペンと専用の用紙を頂くことが出来ます。
①30分コース、②90分コース、③120分コースの3種類が用意されています。
無心で書をしたためた後に、自分の願いを記すことでその願いが叶うとされています。

基本情報
営業時間 9:00~15:00
写経用紙 1,200円

 

長谷寺の基本情報

基本情報
開門時間 夏時間(3月~9月)
8:00~17:00
冬時間(10月~2月)
8:00~16:30
拝観料 大人:400円、小学生:200円
駐車場 普通車 30台、バス(中型車以上) 4台
アクセス 江ノ島電鉄「長谷駅」から徒歩5分

<鎌倉観光の拠点には>
鎌倉観光の拠点は大船がおすすめです。
多くの線路の中継地点となっている大船駅前には下町の飲み屋街が広がり、ホテル代も他の地区に比べて比較的安いです。
詳細は「大船のおすすめホテル3選」でも紹介しているので参考にしてください。

<まとめ>
鎌倉に観光に来た際には1年を通して「花であふれる」長谷寺に訪れてみてはいかがでしょうか。

-旅行・グルメ

© 2020 Moddyyy