燕三条地場センター

旅行・グルメ

【越後湯沢~燕三条を巡る】新潟1泊2日のモデルコースを紹介

美味しい海の幸・新米などのグルメを堪能することができ、風光明媚な景観が広がる新潟県は観光地として人気のスポットです。
この他にも、日本酒・温泉地など観光で巡りたい場所も非常に多いです。
その中でも特に、越後湯沢/魚沼~燕三条市を1泊2日で巡るコースを紹介します。

1泊目:越後湯沢・南魚コース

首都圏、もしくは首都圏を経由しての移動では、新幹線を使って越後湯沢駅まで向かうのがおすすめです。
それ以外の北関東圏や東北圏からの移動は車でもおすすめです。北関東エリアでも高速道路で1時間30分~3時間の所要時間で行くことができます。
当日の午前中に出発すれば、お昼には越後湯沢駅へ到着することが出来ます。

 

13:00~  「小嶋屋総本店」でへぎそばを頂く

越後湯沢に到着したら、新潟名物「へぎそば」で腹ごしらえをしましょう。
新潟ではへぎそばを提供しているお店がたくさんありますが、車でお越しの方におすすめしたいのが「小嶋屋総本店」です。
新幹線でお越しの方も、越後湯沢駅構内にも系列店があるので安心して下さい。

小嶋屋総本店

小嶋屋総本店

創業100年近い歴史のある元祖へぎそばの老舗です。
皇室にも献上された名店で、丁寧に石臼で挽いた蕎麦は弾力とのどごしが際立っており絶品です。
休日には行列が出来るほどの人気ですので、予約しておくのがおすすめです。

新潟名物へぎそば

新潟名物へぎそば

<基本情報>
営業時間:11:00~20:30
定休日:不定休
駐車場:48台
アクセス:十日町駅から車で7分

この他にも、魚沼には多くのへぎそばの名店がありますので、いくつか紹介しておきます。
●そば処 中野屋
●名代生そば 由屋

15:00~ 「清津峡」で峡谷を鑑賞

へぎそばで腹ごしらえをした後は「清津峡」を観光しましょう。
日本三大峡谷の1つである「清津峡」は、紅葉シーズンにも非常に美しく、アートとの融合で近年有名になっているフォトスポットです。
全長1kmほどのトンネルが続き、その途中には近代アートと融合した幻想的なエリアがあり写真撮影におすすめ。

清津峡

清津峡

清津峡内のフォトスポット

清津峡内のフォトスポット

特に終点のパノラマステーションはフォト映えスポットとして有名です。
水面に清津峡の渓谷が反射し、何とも幻想的な風景が広がります。
水深が非常に浅いので、トンネルの先まで進むことが出来ます。旅の思い出に記念撮影してはいかがでしょうか。

パノラマステーション

パノラマステーション

 

17:30~ 旅館「高半」へチェックイン

高半の館内の様子

高半の館内の様子

川端康成も愛した歴史ある旅館で、あの「雪国」を執筆した旅館としても有名です。
当時の客室はそのままの状態で保存されており、展示場も設置されています。

 

2泊目 :燕三条市コース

10:00~ 弥彦神社でパワースポット巡り

弥彦神社

弥彦神社

社伝によると、2,400年も昔に建てられた歴史・由緒ある神社です。
新潟県随一のパワースポットとして有名です。

菊祭り

菊祭り

 

14:00~ 地元の物産展で金物加工品を買い物

燕三条市は金物加工の街として有名です。
訪れた際にはカトラリーセットや包丁などの金物加工品をお土産に買って帰ってはいかがでしょうか。

おすすめは、①:「燕三条地場産センター」と②:「燕三条Wing」です。

①燕三条地場センター

燕三条地場センター

燕三条地場センター

地元企業約300社・1万点以上の品揃えで、高級品からお手頃価格まで様々なカトラリーセットが手に入ります。

カトラリーセットが豊富

カトラリーセットが豊富

②燕三条Wing
燕三条駅構内にある物産センター。
様々なデザインコンクールを受賞したセンスあふれる地元の金属製品が揃います。

最後にお気に入りの金物加工品をお土産に購入したら旅の終了です。
自動車か新幹線を利用して安全に自宅に帰りましょう。

<まとめ>
今回は新潟の1泊2日のモデルコースを紹介しました。
景観を楽しんだり、歴史を感じたり、美味しいグルメを堪能したりと観光スポットの多い新潟観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

-旅行・グルメ

© 2021 Moddyyy