経営②

資産運用

【初心者必見】楽しく始める資産運用~ドルコスト平均法とは~

株式を購入するために、今後の成長が期待できる企業を見つけ、投資のための資金も準備が出来たという方は、次にいつ/どのように買っていけばいいのか?と疑問にもつ思います。
そこで、株式を購入していくおすすめの方法の1つ「ドルコスト平均法」を紹介して行きます。

経営②

ドルコスト平均法とは

まず最初に紹介するのが「ドルコスト平均法」です。
ドルコスト平均法とは、仮に100万円で資産運用を行う場合に、自分の投資したい企業の株式を一気に100万円分購入するのではなく、1か月に10万円などと「複数回に分けて、購入タイミングを予め決めておき売買する方法」のことを指します。
例えば毎月給料日に5万円分を購入するなどと決めておくことです。

メリット

ドルコスト平均法の1番のメリットは、人の思考を介さずに売買が出来ることです。
これはどういうことかと不思議に思う方もいらっしゃると思いますが、よく初心者の方が負けてしまうパターンとして、以下の様なパターンが挙げられます。

  • 株価が低下してきたときに含み損が怖くなり、仕方なく損切をした
  • 株価が上がって来たときに少しプラスになった瞬間に利益確定してしまう
  • 株価が下がってきたら、もっと下がるのではないか?と思い、購入することができない

ドルコスト平均法では、あらかじめ株式購入のタイミングと金額を決めておくことにより、いざ損失が出ている状態でも臆することなく取引を続けることができ、最終的にプラスになっているときに終えることで利益を得ることが出来ます。
「予め決めておいたら、その時に株価がどうなっているか分からないではないか」と思う方も多いと思います。
ですが、
売買のタイミングに私達の思考を介さず、「機械的に取引を行うこと」こそが最大の強みなのです。

ただし、1つだけ注意して頂きたいのが、「確実に成長が見込める企業やETFなどの金融商品に投資をする必要がある」ということです。
だらだらと右肩下がりの株価の企業にドルコスト平均法を使って投資しても、いつまでたってもプラスになる瞬間はこないですよね。
そのため、過去のデータなどから確実に成長が見込める企業/ETF/投資信託などを取捨選択する必要があるのです。

これについては、以下のページで人工知能による資産運用や、最も成長が期待できる米国株式の優良企業だけを集めたETFなどの金融商品を紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。
●おすすめの資産運用方法~ロボアドバイザー編~
●おすすめのETF【SPYD/HVD】を徹底紹介

デメリット

ドルコスト平均法のデメリットとしては、場合によっては手数料が多くかかってしまうことです。
例えば、手数料のコース設定が50万円までの購入については、200円/回の場合を考えてみましょう。

●ドルコスト平均法で5万円ずつ10回に分けた場合
購入額が5万円でも毎回手数料が発生するため、200 円×10 回=2,000 円分の手数料がかかる計算になります。

一括で50万円分購入し場合だと200円しかかからないため、1,800円分も手数料を多く払っていることになります。
そのため、ドルコスト平均法を実施する場合は、手数料の設定が「購入金額の1%分」などと購入金額に対しての割合で示されているものにするのもオススメです。
これであれば、複数回に分けた場合でも手数料は変わりません。
ただし、手数料固定の場合と比べて、そもそものベースが高くなっている場合が多いので結局いくらの手数料が発生するのか?ということはしっかり計算しておきましょう。

まとめ

今回はおすすめの投資手法「ドルコスト平均法」を紹介しました。
これは初心者でも非常に始めやすく、そして低リスクにコツコツと資産を増やしたい方に向いています。
是非この手法で投資デビューをしてみてはいかがでしょうか。

-資産運用
-

© 2020 Moddyyy