資産運用

【初心者必見】楽しく始める資産運用~成長する企業を見つけるポイント~

株式を投資するにしてもどの企業に投資すればいいのか。
せっかく投資をするのだから将来的に「成長を期待できる企業」に投資したいですよね。
そこで、今回は成長する企業の特徴についてまとめていきます。
経営①

成長する企業を見つけるポイント

提供している商品やサービスが優れているか

これは最も基本的なことですが、まず1番に消費者視点に立ち、その企業が提供している商品やサービスが競合他社と比べて優れているかを見極めることが重要です。
自分が使ってみていいもの、身近で流行っているもの」は他の方でも同様に優れていると感じてもらえる可能性が高いです。
そして、「良い商品/優れたサービス」が周知されるとともに必ず売り上げに貢献してきます。
自分が投資する企業を知るためにも、実際に商品を購入して使ってみたりサービスを体験してみること。
そして、それが他社の商品と比較し優れていると感じられるかどうかを自分で体感することが大切です。

気になる企業の商品やサービスが一般消費者向けでない場合もあるでしょう。
そのような場合には企業HPを徹底的に調べ、本当に優れている商品/サービスなのかを調べ、同業他社と比較したときの利点を自分なりに説明できるようにしましょう。
そうして企業の強みを知っておくことで、自分が投資している企業への「信頼感」にもつながり、不用意な損切をしないためにも役に立ちます。

市場が成長するかどうか

先ほどの視点は、自分の投資する企業がいかに他社よりも優れているかという点でした。
次に紹介する視点が、投資する企業が所属している市場が成長するかどうかです。
例えば具体的な例として、国内で主食用の冷凍食品を提供している食品業界のA社を考えてみましょう。
現在の日本の人口を1億人と仮定します。また、1人あたりの「食事」の回数は基本的に1日3回であるとすると、日本全体の食事回数は3億回であり、基本的にこのパイの取り合いをしています。
シェアの拡大によって売り上げを伸ばすことはできますが、国内に絞っていては食事回数自体の増加を狙うことは出来ません。

それに比べ、例えば「電気自動車で用いる蓄電池」、「働き方改革で用いられるようになったオンライン会議システム」など、今までになかった「新しく開拓された市場」はガソリン自動車から電気自動車への切り替えで蓄電池の市場は伸長して行くことが予想されますし、オンラインでの会議の案件も伸長していくことが予想されます。
こうしたいわゆる「ブルーオーシャン」と言われる分野は、「新しい市場が生まれること」や「市場自体の拡大」に伴い、たとえシェアに変化がなくても企業の売上は拡大していきます。

まとめ

最近ではアプリでワンタッチで売買が出来るようになってしまったために、十分な調査や企業が成長するビジョンを自分の中で描けていない状態で株式投資をしてしまうことがあります。
そうした場合は、株価が下がってしまったときに、すぐ動揺し損切りを繰り返すことになりかねません。
自分が投資しようとしている「企業」や「市場」をよく精査してから投資を行う習慣を身に付けるように徹底しましょう。
この続きでは、株価の視点から現状の株価が割安なのかどうかを確認するポイントをまとめていきます。

-資産運用
-

© 2020 Moddyyy