株式市場②

資産運用

【おすすめの米国ETF】SPYD/HDVを徹底紹介

今回は、あまり聞き馴染みのない方も多い米国ETFという投資商品の「SPYD」と「HDV」について徹底紹介していきます。

ETFとは?

そもそもETFとは何か?全く分からないという方に向けて簡単に説明いたします。
ETFとは「Exchanege-Traded Fund」の略であり、一言でいうと上場している投資信託になります。

通常の投資信託は上場していないので、それぞれの証券会社に直接申し込みに行きますよね。
それに対してETFとは上場しているため、株式を購入している証券口座から、株式を購入するのと同じ手順で購入することができます。

ETFのメリットとは

小額でポートフォリオを作成可能

ポートフォリオ①

ETFの最大のメリットは少額でポートフォリオを作ることが出来ることです。

ポートフォリオとは?
ポートフォリオとは何かと言いますと、自分の持っている資産の割合を割合で示したもので、円グラフで表されることが多いです。
一般的にこのポートフォリオを構築する際に、色々な銘柄/業種に分散しながら投資をすることで、例え1銘柄の業績が悪化した場合にも他の銘柄で補うことができ、リスクを下げて運用することができます。

では、なぜ米国ETFでは少額でポートフォリオの構築が可能かと申しますと、ETFを運用している会社が私達の投資資金を一括で管理し、様々な企業に分配しながら投資を行うためです。
通常100株からしか購入できない場合などは、複数の企業に投資するためには数百万の運用資金が必要となります。
いきなり初心者の方が数百万円で資産運用を始めるのは怖いですよね。
そこで、ETFを購入することで小額から多くの企業に分散投資をしているのと同じ効果を得ることができます。

少ない手数料

通常の投資信託では、維持管理費などで年間1.5~3.0%ほどの費用が発生してしまいます。
それ比べETFの維持管理費は0.05%~0.2%程と非常に割安となっています。

SPYDとは

さて、いよいよ本題のSPYDについて紹介して行きます。
SPYDとは「S&P500」のうち、「配当利回りが高い上位80銘柄に均等割合で投資している高配当ETF」です。
すなわちSPYDを購入することで、S&P500の銘柄80社に分散投資をしていることと同じ効果が期待できます。

特徴

配当利回りが抜群に高い

通常の高配当ETFの年間配当利回りが3~4%ほどなのに対して、SPYDではコロナショック後ということもありますが、配当利回りが6%程となっており他の高配当ETFと比較しても頭一つ抜けている感じがあります。
これは保有しているだけで年間6%資産が増えていくということなので非常に嬉しいですよね。
*ただし、ここから税金が20%程引かれた値が実際に手元に残る配当となります。

ただし、高配当銘柄中心の振り分けということで、セクター別の割合は以下のように少し偏りがあります。
不動産:18.6%と最も高く、続いて金融:13.8%、エネルギー:12.3%と続きます。
そのため、今回のコロナショックでは他の高配当ETFに比べ打撃を多く受けてしまっているのが実情です。
ただし、今後の戻りにも期待できるとも捉えることが出来るのでコツコツと積み立てていきたいですね。

維持管理費が安い

先ほど説明したようにETFは維持管理費が非常に安いことがメリットとして挙げられますが、SPYDも例外なく維持費が0.07%と非常に安くなっています。
また、20年5月末時点で購入単価が1口3,000円~と非常に低いため、積み立て投資等にも向いています。

HDVとは

続いてはHDVについて紹介して行きます。
HDVとは、「米国の財務優良企業のうち」、「配当利回りの高い約70銘柄~80銘柄に分散投資」している高配当ETFです。

特徴

配当利回りが高い

先ほどのSPYDに比べると若干低くなっているものの、配当利回りは3.5~4%程と日本の企業や、他のETFに比べると非常に高い水準にあります。
また、HDVの銘柄の多くは配当金額を毎年上乗せしていっています。そのため、これからさらなる配当利回りの向上が期待できます。

 

トータルリターンが期待できる

HDVが誕生したのは2011年のことですが、そこから2019年までの平均成績は年利11%超えと驚異の成長率を誇っています。
先ほどの配当利回りが上乗せされると思うと非常に嬉しいです。
つまり先ほどの配当利回りについても、2011年時点での3%と、2019年時点での3%では大きく金額が異なることがわかると思います。

 

まとめ

今回はおすすめの米国ETF「SPYD」「HDV」を紹介しました。
これらはどちらもおすすめのETFなので、是非積み立て投資の候補の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。
積み立て投資を始めてみようと思った方におすすめなのが、ネット完結なので手数料が業界最安水準のDMM証券です。
公式サイト「DMM株」より口座開設を行って投資への第1歩を進んでみてはいかがでしょうか。


-資産運用

© 2020 Moddyyy