人工知能④

資産運用

【AIによる資産運用】おすすめのロボアドバイザーを徹底比較

 資産運用をしたい!ただ、自分で株式を購入するにしても、何を買えばいいのか分からない。
 また、投資信託のような証券会社の商品だと手数料が高いのが気になる、上手く口車に乗せられてあまり良くない商品を購入してしまうのではないか。
 このような不安を抱えて資産運用への第1歩を踏み出せていないという方も多いのではないだろうか。

 そのような方におすすめしたいのが「AIロボアドバイザー」による資産運用です。
 今回はロボアドバイザーとは一体何なのか?
 そして、資産運用を行いたい人の性格に合わせてどのロボアドバイザーを選ぶべきかを徹底比較して行きます。

人工知能①

ロボアドバイザーとは

通常の投資信託では、証券マンと呼ばれる人達が私たちのお金を集めて代わりに運用してくれます。
そのため、手数料が平均で年間1.5~3.0 %程と比較的多く発生します。

ロボアドバイザーによる資産運用では、プロの証券マンに代わってAI(人工知能)が資金を運用してくれます。
人工知能には以下の情報に関する過去のデータなどが詰め込まれており、またそれらを瞬時に判断して取引することができます。

ロボアドバイザーの扱う情報とは

  1. 現在の株価のチャート
  2. 企業の業績
  3. 世界中の様々なニュースや投資家マインド

人工知能の中には過去何十年分ものありとあらゆるデータが反映されており、そのデータをもとにして現在の株式のポジションを決定します。

ロボアドバイザーの特徴とメリット

~手数料が安い~
通常の投資信託では、多くの証券マンが随時市場を調査し、最適な運用を実施しています。
そのため、多くの人件費が発生するため、自分で資産を運用するのと比べ手数料が高いというデメリットがあります

~少ない資金でもポートフォリオを作成可能~
通常の資産運用において、まず1番の問題がリスクを抑えるために、ポートフォリオ(様々な資産を分配して購入すること)を作成し、リスク分散を行う必要があることです。
ポートフォリオを組むためには最適でも数百万円程度の資金が必要であり、初めての方がいきなり始めるにはハードルが高いです。
ロボアドバイザーでは多くの出資者から集めた金額を運用するため、10万円程度の資金でもポートフォリオを作成することができ、安全に資産運用を行うことが出来ます。

ロボアドバイザーの大きな特徴を以下にまとめます。

  1. 手数料が安い
  2. 10万円でポートフォリオを作ることが可能
  3. 随時株価やニュースを確認する必要がない

タイプ別おすすめロボアドバイザー紹介

THEO

THEOのポートフォリオは30種類以上のETFから構成され、そのETFをさらに細かく分けると、世界中86か国/投資対象は11,000銘柄以上になります。
プロとAIが選び抜いた銘柄かつ、これほど多くの銘柄へ分散投資をしているため、非常にリスクを抑えることができます。
その結果、過去のデータでは以下に示すように、預金した場合に比べ90%以上の確立で資産を10%以上増やすことが出来ています
どんなに利率の良い定期預金等を使っても0.2~0.3%程度を相場と考えると、どれほどいいパフォーマンスかが分かる。

WealthNavi(ウェルスナビ)

総預かり資産が1,800億円、運用者数15万人を超えており、預かり資産・運用者数ともに国内No.1を誇る

ノーベル賞受賞者の理論に基づいた金融アルゴリズムを採用しており、今まで一部の富裕層やヘッジファンドしか出来なかった資産運用の形を誰でも行えるようにした画期的なシステム。
投資家の性格に合わせて、リスク許容度を選択することが可能。そのリスク許容度に応じた商品をAIが選択することで、リスク/リターンの大きさを調整することが出来る。
WealthNaviでは配当金の再投資や税金の調整など、個人で管理するには非常に手間がかかる部分をすべてWealthNaVi内で完結しており、一切の労力を必要としないことも魅力です。

楽ラップ

楽天証券で運用されているロボアドバイザー。
楽ラップでは「固定の手数料」と「利益が得られらときに成功報酬としての手数料」が分かれている。
下落ショック軽減機能(TVT機能)というものが備わっており、株式市場の価格変動(ボラティリティ)が大きくなった時に、安全資産とされる債権の比率を一時的に高めることでリスクの低減を図るものです。
これにより、リスクを下げることができますが、大きな上昇局面での利益を十分に得られないというデメリットも存在しています。

まとめ

今回は、今注目のAIによる資産運用について紹介しました。
投資初心者の方でもAIによる資産運用を取り入れることで、低手数料かつ最先端投資手法にて安全に資産運用を行うことが出来ます。
是非20年後、30年後を見据えて今からAIによる資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。

-資産運用
-,

© 2020 Moddyyy