税金①

資産運用

【AIによる資産運用】おすすめのロボアドバイザー「WealthNavi」を紹介

ウェルスナビ(WealthNavi)の特徴

今注目の人工知能(AI)による資産運用「WealthNavi」を紹介します。
Aiを用いた資産運用は、富裕層やファンドの間では既に当たり前となりつつある資産運用方法であり、誰でも最先端の経済学に基づいた資産運用が出来るため、特に初心者の方に非常におすすめです。
ウェルスナビ株式会社の資本提携先には、SMBCベンチャーキャピタル、みずほ銀行、三菱UFJキャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社などの名だたる企業が提携しており、安心してお金を預けることができます。
また、最低投資金額10万円から、毎月の自動積立は1万円から可能です。
そのため、「少額からでも最先端の投資手法で資産を安全に運用できること」がウェルスナビの1番の特徴です。

ウェルスナビの強み

運用手数料はなんと1%のみ

通常の投資信託では、購入時に購入手数料が発生し、さらにその運用費用として年間1.5%~3%程の手数料が発生します。
しかし、ウェルスナビでは購入/運用手数料を全て含めて"手数料は驚きの1%のみ"です。
入金、売買代金、出金には一切の手数料が発生しません。
そのため、自動積立においても毎回の手数料を気にすることなく、1万円から投資可能なため非常に始めやすいのが特徴です。
*実際にウェルスナビを利用している方の60%がこの自動積立を利用しています。

小額から分散投資が可能

基本的にリスクを抑えて投資を行うためには、ポートフォリオを形成し多国籍の中から多岐の分野に分散して投資することが望ましいとされています。
しかしながら、これを個人で行うためには非常に多額のコストがかかってしまいます。
*きちんとしたポートフォリオを組みながら資産運用するためには少なくとも500万円程度は必要
しかし、ウェルスナビでは最低投資金額が10万円から始めることができ、少額の資金においてポートフォリオを形成しながらリスクを抑えた投資が可能となります。

リスク許容度に応じた資産運用方法を提案

ウェルスナビでは6つの質問に答えるだけで、どの程度リスクを取りながら投資を行いたいかを選ぶことが出来ます。
初めてで心配な方でもローリスクな運用方法を選定することで安心して始めることが出来ます。
このリスク許容度についてはわずか1分で完了するため、是非1度お試しください。

分配金は自動再投資で複利的に資産が増加

ウェルスナビでは分配金がある一定以上になると、自動で再投資を実施してくれます。
なぜ再投資が有効かというのを簡単にご説明いたします。
初期の投資費用が100万円と仮定し、ウェルスナビで1年運用した結果が+10%になっていたとします。
このとき、10万円を引き出した場合は、翌年も同様の運用成績の場合100万円×10%=110万円の利益です。
しかし、この10万円を再投資に回すことで110万円×10%=121万円となり、先ほどのケースより1万円得する計算になります。

口座開設/口座管理/取引の手数料はすべて無料

基本的に口座の開設や取引に関わる手数料はすべて無料です。
また、わずか3分で口座を開設することができるため、時間も手数料も心配不要です。

ウェルスナビで資産運用するまでの手順

~以下の3STEPのみで資産運用が可能~

  • 運用プランの診断
  • 口座開設の申し込み
  • 口座開設完了後に初期運用資金の入金

STEP1 運用プランの診断

6つの質問に答えるだけで、あなたの許容リスク度にあった資産運用プランをウェルスナビが提案してくれます。
*最短1分で完結

口座開設の申し込み(最短3分で完結)

メールアドレスの登録後に本人確認書類の提出を行います。
銀行口座等の基本情報を入力すれば申し込みは完了です。
<口座開設に必要な書類は以下の組み合わせ<>
①:運転免許証+通知カード または マイナンバーカード

口座開設完了(最短で2営業日後)

口座開設の審査が行われた後、ご登録の住所に簡易書留が送られてきます。
あとは、希望の運用プランを設定し、初期運用資金(10万円以上)を入金すれば資産運用デビューです。

まとめ

今注目の「ウェルスナビ」での資産運用を紹介しました。
富裕層やファンドの間で注目の最先端の投資手法が、「口座の申し込みはたった3分」、「運用手数料1%のみ」で始められるので、この機会に資産運用を初めてみてはいかがでしょうか。

-資産運用
-

© 2020 Moddyyy